安全性の高いノルバスク

現代日本では、高血圧症に困っている人が非常に多いです。
症状が顕在化しないために、事の重大さに気付かず、放置していると、脳梗塞や心筋梗塞などといった重篤な疾病を引き起こしかねません。
サイレントキラーと呼ばれる所以です。
そういった意味では十分に警戒すべき症状なのです。
そんな高血圧症には、実に多くの治療薬が世に出ています。
数多の高血圧治療薬の中でも、ノルバスクの名はグローバルな規模で広く知られています。
メカニズムとしては、心臓や身体の血管を広げて血の流れを良くする効果が抜群です。
さらに特筆すべきは、安全性が高いということです。
服用を始めてからゆっくりと効果をあらわしてくる性質があり、効き目が穏やかな側面がありますので、それだけ、副作用も少なく、安心して飲めるのです。
心配すべき副作用はほとんどありませんが、もし、服用後、胸に痛みが出てきたり、脈が異常に遅くなるときは、すぐに医師に相談するのが賢明な対応です。
妊娠中は基本的には服用は好ましくありませんが、さほど危険性が高いわけではありません。
どうしても血圧が下がらない場合は、医師の判断によってノルバスクを処方する可能性はあります。
ノルバスクの成分名はアムロジピンで、服用して約6時間で血中濃度が最も高くなり、さらに、半減期が36時間ほどと、非常に長い点も特徴的です。
効果が持続しますので、1日1回だけの服用で済みますから、管理がやりやすいです。
そのような背景から、高血圧症治療においては、医師が最初にノルバスクを処方するケースが多いです。
高血圧の治療薬としてはもちろん、狭心症治療においても有効な結果が得られています。
ノルバスクの効果への期待はもちろん、その安全性の高さから、今後も高い評価を得ていくことでしょう。

ノルバスクの効果とメカニズム

今の日本では、生活習慣病としての高血圧症の克服が、無視できない社会的課題となってきています。
高血圧症そのものは、自覚的な痛みやだるさといった不具合は感じないのですが、手をつけないでいると、将来的に、脳梗塞や心筋梗塞などといった重大な疾病のきっかけになる恐れがあるのです。
高血圧症の治療薬は多く世に提供されています。
中でも、ノルバスクは非常に広い範囲で使用されています。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬という分野に属する降圧剤です。
カルシウム拮抗薬は、血圧を下げる力が強くて、直接に血管を広げる作用をし、余分な動きをしないというのが、大きな特徴です。
降圧剤にはいろんな種類がありますが、降圧力の点では、カルシウム拮抗薬の右に出るものはありません。
また、カルシウム拮抗薬は、血管にストレートに作用して、血管の筋肉を拡張させる働きをすることで、血圧を下げるのです。
さらに、カルシウム拮抗薬の中でも、ノルバスクは、第3世代と呼ばれる最も新しい世代に属しています。
第3世代のカルシウム拮抗薬、ノルバスクは当然のことながら、第1世代より相当な改良が施されています。
副作用もほとんどなく、安全性がひときわ高い薬になっています。
さらに、これはノルバスクを語る上では忘れてはならない点ですが、効果の持続時間が非常に長いのです。
半減期が約35時間と言われています。
つまり、1日1回だけの服薬で、効果は1日中しっかりと続きますので、患者にとっては安心です。
現実の臨床では、高血圧症の治療に対して使用されているのが圧倒的に多いですが、実は、狭心症にも有効との報告もあがっています。
ノルバスクが広く処方されているのは、このようなメリットが評価されてのことでしょう。

ノルバスクの名前の由来とは

高血圧症の治療薬として、ファイザーにより開発されたノルバスクは、非常に多くの実績をあげています。
医師が患者を高血圧症と診断したときには、まず最初にノルバスクを処方するというほど、信頼性が高い薬なのです。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬として、有効に機能を果たしています。
カルシウム拮抗薬というのは、血管そのものを広げることによって血管にかかってくる圧力を下げ、高血圧を治療するものなのです。
カルシウムが細胞内へ流入することで、心臓や血管が収縮いたします。
同時に、血圧が高くなるのです。
そこで、カルシウム拮抗薬を服用すると、カルシウムが入り込んでくするための受容体を阻害いたします。
そうすることで、カルシウムが細胞内へ入るプロセスが遮断されますので、血管が拡張するのです。
その結果、血液が円滑に流れるようになります。
カルシウム拮抗薬の作用で、脳や心臓、腎臓などの血液循環を改善することにつながります。
ノルバスクの成分名はアムロジピンで、服用後、6時間ほどで血中濃度が最も高くなります。
そして、血中濃度の半減期は36時間ほどと、非常に長時間にわたって効果を維持するのです。
したがって、効果を発揮するまでの時間が比較的穏やかであるところから、副作用も極めて少ないこともあって、広く普及するに至ったのです。
また、1日に何回も飲む必要がなく、1日1回の服用で大丈夫ですので、飲み忘れのリスクも少ないのも、患者にとってはありがたい話です。
このすぐれもののノルバスクは、英語の「Normalize Vascular」からネーミングされました。
直訳すると、”血管を正常化させる”)から、ノル(Nor)とバスク(Vasc)を持ってきて、「ノルバスク」と命名したのです。
■ノルバスクについての情報はこちらでも
ノルバスクは持続時間が長いので安心
■利尿効果に期待するならこの薬
ラシックス
フロセミド錠を購入したい