高血圧治療にはミカルディスが使われています

ミカルディスは高血圧に効果がある薬です。ミカルディスの特徴としては、血管の中にはアンジオテンシン受容体という物質が存在しているのですがその物質に作用することによって昇圧させる物質であるアンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑えることで血圧を下げる効果を与えるという仕組みです。
高血圧を予防することによって、脳卒中や脳梗塞などを予防することができるようになるため広く使用されています。さらには、心臓や腎臓などにかかってしまう負担を軽くする効果についても認められていることも特長です。
ただ、ミカルディスには服用後に副作用を引き起こすこともありますので注意する必要があります。主な副作用として報告されている症状としては、低血圧・めまい・発疹・頭痛などが挙げられます。
もしもこうした副作用による症状が気になるときにおいては薬の服用を中止して医師や薬剤師にきちんと報告しておくようにしましょう。
それから、飲み合わせについても注意しておく必要があるといえます。ミカルディスと併用する薬で気を付けておきたい医薬品は別の血圧降下薬及び利尿薬と飲み合わせる時です。
この場合に注意する必要がある症状としては血圧の下がりすぎが挙げられます。
さらに、血圧降下薬として投与されるのラジレスと併用する場合においては腎障害・高カリウム血症・低血圧などを引き起こす懸念があるためこちらも慎重に投与する必要があるといえるでしょう。
ほかにも抗炎症や鎮痛薬と併用により、この薬の降圧作用が弱まる可能性があります。
飲み合わせに注意する必要がある医薬品は比較的多いため、事前に医師や薬剤師に薬の使用歴については相談するようにしておきます。
医薬品以外でも、飲酒については控えるようにしましょう。これは、飲酒と併用することでめまいなどの症状が出やすくなるためです。
ミカルディスは、作用時間が長いこともメリットの一つといえるでしょう。ACE阻害薬に多くみられる“咳”の副作用がほとんどありません。
アンジオテンシン変換酵素阻害薬という分類の属する薬なのですが、これらの薬の副作用の一つには咳が挙げられます。
しかし、ミカルディスにはこの咳の副作用がありません。そのため、比較的効果が長く続くということから薬による負担を抑えやすい利点があります。
作用時間については、1日1回の服用で大体1日近くは効果が続きます。そのため、脳卒中や脳梗塞の予防を心がけるのであればこの医薬品はかなり頼りになることはいえるでしょう。
ただ、きちんと効果を引き出すにあたっては決められた飲み方や服用量についてはきちんと守るようにします。通常、ミカルディスの用法用量については少量で開始するのが一般的です。
ゆっくりと血圧を下げていくのが最も安全です。ただ、充分に血圧が下がるまでには1週間から2週間程度かかる可能性はありますのでまずは継続して続けることが大事といえます。
また、飲み合わせこそ注意する必要はありますがミカルディスと他の降圧剤及び利尿剤を少量程度併用することについては効果的といわれています。
医師や薬剤師の指導のもとで行うようにすれば、早く血圧を下げることも可能です。
ほかの食事療法や運動療法と組み合わせることでも効果を引き出すことができやすくなりますので毎日の生活の質を上げる活動を行う一環でミカルディスの投与も行うようにすると良いでしょう。
ミカルディスの投与について控えておいたほうが良い人については、妊婦の方や授乳中に該当する方となります。これは、妊娠中や授乳中の方に対しての安全性が確立されていないためです。
肝障害のある患者については投与することはできるのですが、この場合の最大投与量は1日1回40mgとなっており通常の上限量の80mgの半分となっていることを留意します。